代表理事挨拶

一般社団法人東日本未来都市研究会 代表理事
東京大学名誉教授
社会システムデザイン株式会社代表取締役社長

宮田秀明

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災された皆さまには謹んで災害のお見舞いを申し上げます。
被災者の方々の苦難は、日本国民全員が受け止めなければならず、東北地方の再建を最優先に取り組み、30万人を超す被災者の方々に笑顔を取り戻してもらうことが緊急の目標であり、世界中が注目している中、その目標を達成できるか否かに日本の将来がかかっていると言っても過言ではありません。
私達は、被災した三陸の臨海都市を元通りに復旧させるのではなく、科学技術を総合的に使い、自然と人間の生活を調和のとれた全体最適の実現できる被災した方々が安全安心で住みたいと思える都市、全く新しい世界最先端の環境防災都市としての復興を力強く支援することを目指しています。
そのために「東日本未来都市研究会」は会員企業の方々等の技術力と経営力を結集し、大災害を乗り越えて被災地を人間と自然の調和のとれた未来都市として復興することを地方自治体や政府等関係機関に提言し、それぞれの都市において最適な未来都市を実現していくことを目的として設立いたしました。